霊視占いが必ずしも霊感と繋がるとは限らない

霊視占いが得意な占い師は、霊感が強いというイメージがあるかもしれません。

確かに、霊視占いを得意としている占い師の多くは、多少なりとも霊感を持っていることがほとんどです。

ただ、必ずしも全ての霊視占い師が、霊感が強いというわけではないのです。

そもそも、霊視占いが必ずしも霊感と繋がるとも限らないのです。

霊感というのは、霊が見える、霊の気配がするなど、いわゆる霊の存在を強く感じ取ることを意味します。

一方で霊視占いの場合は、霊の意思を読み取る、霊の背景を察知するなど、霊の存在自体を感知するのとはまた意味が異なるのです。

したがって、霊視占いが得意な占い師も、そこまで霊感が強くないという人もいますし、むしろ霊感自体はほとんどないという占い師もいたりするのです。

しかし、霊感はなくても霊視はできるいう人は決して少なくないですし、霊感と霊視は一緒に扱われることが多いですが、実際は似て非なるものだと言えるのです。

関連記事